東証マザーズ市場(前引け)=小幅反落、メディア工房とネットイヤーがS高

 23日前引けの東証マザーズ指数は先週末比0.42ポイント安の791.86ポイントと小幅ながら反落。
 メディア工房とネットイヤーがストップ高となり、ソケッツが年初来高値を更新、アクロディアが急反発となり、ピーエイ、エルミック、カービュー、リアルコムなども値を飛ばした。半面、インフォテリア、インテアHD、サイバーステップ、省電舎が急落、オークファン、UBICなども大幅安。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)