大和証はSNSプラットフォームを新規「強気」、ディーエヌエ、サイバーは「2」に

 大和証券は22日、ディー・エヌ・エー<2432.T>やグリー<3632.T>といったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)プラットフォームに対する投資評価を新規で「強気」とした。関連銘柄の投資評価は、ディー・エヌ・エーは「2(アウトパフォーム)」で目標株価2850円、サイバーエージェント<4751.T>も「2(アウトパフォーム)」で25万5000円、グリーは「3(ニュートラル)」で845円とした。
 同証券では、モバイルゲーム市場全体では、(スマートフォンなどにインストールされる)ネイティブアプリの拡大により、少なくとも2年間は右肩上がりの成長が続くと予想。ただ「株式市場の評価はSNSプラットフォーマーに悲観的であり、株価には評価余地がある」とみている。

ディーエヌエの株価は13時00分現在1955円(▼17円)
サイバーの株価は13時00分現在21万円(△1600円)
グリーの株価は13時00分現在814円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)