アプリックスが動意、海外アプリ関連として注目

 アプリックスIPホールディングス<3727.T>が動意。同社はJava技術を使った携帯向けソフトを開発している。M2M(機器間無線通信)への展開で注目されているが、業績面は足もと開発費負担が重く、前12年12月期に続き今12月期も最終赤字見通しと低迷している。ただ、今後、家電分野でのM2Mは成長分野としての期待が大きいほか、同社の筆頭株主がNTTドコモであることも買い安心感につながっている。また、ゲームコンテンツへの展開など新境地も開拓、特に海外向けに注力している。「スマホ向けアプリ関連株が人気化する中で海外でのアプリ展開がヒット創出のキーワードとなっており、同社はその範疇に属する銘柄として改めてマークされ始めた」(市場関係者)という指摘も。いったん動意すると値運びは早く、短期資金の追随を促しやすい。

アプリックスの株価は13時40分現在453円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)