日本電産が14年3月期業績を増額、最終利益は6.68倍の535億円に

 日本電産<6594.T>が23日、14年3月期通期の連結業績見通しを上方修正、売上高は従来予想の8000億円から8200億円に、最終利益(米国会計基準)は500億円から535億円に増額している。最終利益は前期比で約6.68倍と高変化率となる。HDD向けなど主力の精密小型モーターは、スマートフォン普及加速のあおりを受けて不振だったが、前期買収した子会社3社が家電、商業、産業用などでM&A効果を発現、車載向けなどの好調で補った。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)