グリーンランドが反発、今12月期予想の増額を好感

 グリーンランドリゾート<9656.T>が反発。は23日、大引け後に今13年12月期予想を通期連結売上高で当初計画の77億円から78億5000万円(前期実績76億3500万円)、営業利益で2億9000万円から3億5000万円(同2億6900万円)へ増額修正したことが好感されている。九州の遊園地において、3月が例年に比べて暖かく、また、5月はゴールデンウイークが好天に恵まれたこと、並びに最新のキャラクター起用や前年夏に導入した大型遊具が人気を博し、春季イベントが活況に推移したことなどが主な要因。同時に第2四半期の配当も当初予想の普通配当2円に加えて2円の特別配当2円を加えた計4円に増配することも発表している。お盆休みシーズンへ向けて来場者が増加すれば更なる上乗せも期待できそうだ。

グリーンランドの株価は9時39分現在339円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)