電産コパル電が大幅3日続伸、第1四半期経常利益67%増の大幅増益を達成

 日本電産コパル電子<6883.T>が大幅3日続伸し、6月20日につけた年初来高値510円を約1カ月ぶりに更新した。23日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算で、売上高77億200万円(前年同期比12.8%増)、経常利益13億7300万円(同66.8%増)と大幅増益を達成したことを好感。遊戯機向けや医療機向けにアクチュエータ事業が好調に推移したほか、産業機器や住設防災機器向け部品が堅調だったことに加えて、原価低減努力や為替差益の増加などが寄与し売上高・利益を押し上げた。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高270億円(前期比0.5%増)、経常利益35億円(同3.4%減)の従来予想を据え置いている。

電産コ電の株価は10時1分現在500円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)