もみ合い継続?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

もみ合い継続?
本日、米国では6月新築住宅販売件数(23時)や5年債入札(26時)などが予定されているが、ドル/円の足元の膠着感を払拭できるほどの材料になり得るかは未知数だ。

6月後半以降に盛りあがった米量的緩和の縮小時期に関する思惑が一服したことや、日本の参議院選挙を通過したこと、さらに目新しい材料に乏しい状態で、相場に「一休みしたい」というムードが拡がっているように見受けられる。
余程のニュースでも入らない限り、本日も各国株価・米長期金利を眺めながら、方向感を模索していく展開になろう。