ダイイチがS高、イトーヨーカ堂との業務・資本提携を好感

 ダイイチ<7643.T>がストップ高カイ気配。23日大引け後にセブン&アイ・ホールディングス<3382.T>傘下のイトーヨーカ堂との業務・資本提携を発表したことが好感されている。イトーヨーカ堂は北海道地区での食品小売分野の事業基盤強化を図るため旭川市、札幌市を中心に地域に密着した食品スーパーマーケットを展開しているダイイチとの連携を強化することが目的。ダイイチが第三者割当により新株式(普通株式)171万6000株を発行し、新たにイトーヨーカ堂がその総額を引き受ける。これによりイトーヨーカ堂のダイイチに対する持株比率は30.00%となり、ダイイチの筆頭株主となる。ダイイチにとってはイトーヨーカ堂を含めてセブン&アイHDのバックアップによる事業拡大期待が高まるところだ。

ダイイチの株価は10時16分現在1305円(△300円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)