ウエストHDが続伸、メガソーラー運用管理事業の運用代行へ乗り出すと報じられる

 ウエストホールディングス<1407.T>が続伸。24日の日本経済新聞が「大規模太陽光発電所(メガソーラー)の運用管理事業に、施工大手ウエストホールディングスも今夏に米大手と合弁で運用代行へ乗り出す」と報じたことが買い手掛かりになった。メガソーラーの発電効率が改善すれば、事業者は売電収入の確保につながるため運用管理の需要が広がるとみられ、同社は運用代行で発電効率を最大2割向上させると伝えている。ただ、きのう182円高と急伸していたことで、買い一巡後は当面の利益確定売りに上げ幅を縮めている。

ウエストHDの株価は10時25分現在2956円(△28円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)