ゲンキーが3日続伸、前6月期予想下方修正も影響は限定的

 ゲンキー<2772.T>が小幅ながら3日続伸。23日、大引け後に前13年6月期の通期予想を連結売上高で当初計画の569億6500万円から546億5600万円(前々期実績567億円)、営業利益で11億100万円から8億9600万円(同16億7100万円)に下方修正を発表したが、ポイント制度廃止による影響が継続していることが要因で株価への影響は限定的となっている。本格的な価破壊競争への準備として、EDLC(エブリディローコスト)とEDLP(エブリディロープライス)の追求も進めており、これらの施策による効果で今期からの巻き返しが期待される。

ゲンキーの株価は10時22分現在2021円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)