明治HDは高寄り後マイナスに、牛乳出荷価格引き上げも地合い軟化で売り優勢に

 明治ホールディングス<2269.T>は高寄りの後小幅マイナスに転じている。前日に10月1日から牛乳のメーカー出荷価格を引き上げると発表したことで、収益改善を期待した買いが先行したが、株価は高値圏にあり、日経平均が下げに転じるなど相場全体の地合い軟化に伴い売りが優勢になった。値上げは生乳取引価格を前年度対比で1キログラムあたり5円引き上げることで生産者団体と合意したことに伴う措置で、明治おいしい牛乳のほか計16品目を1%~4%値上げする。

明治HDの株価は10時38分現在4975円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)