写真印が急反騰、SMBC日興が投資判断2段階引き上げ

 日本写真印刷<7915.T>が急反騰。この日はSMBC日興証券が投資判断を「3」から「1」とし、目標株価を1700円から2300円に引き上げたことが観測されている。円安による顧客からの値下げ圧力増大に伴いタッチパネルの価格は従来想定を下回る見通しだが、採用拡大による販売好調で吸収できるとみることから、15年3月期までの業績予想を増額。14年3月期の営業利益予想を85億円から93億円へ、15年3月期を同110億円から136億円にそれぞれ上方修正している。また、14年3月期以降の黒字転換を考慮して目標株価の算出方法をPBRからPERによる評価に変更した結果として、目標株価を引き上げたという。

写真印の株価は11時16分現在1910円(△203円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)