ダイヘンが高い、大和証は太陽光向けパワコンの成長評価

 ダイヘン<6622.T>が高い。大和証券は23日、同社のレーティングを新規「2(アウトパフォーム)」とし、目標株価を530円に置いた。現在の株価は電力会社の設備投資抑制懸念が織り込まれているが、14年3月期以降は、太陽光発電用パワーコンディショナー(電力調整装置)の収益寄与と新興国向け溶接メカトロ事業の回復により「本格的な収益回復局面に入る」と予想している。特に、太陽光向けパワコンに関しては、12年7月の非住宅用太陽光発電固定価格買い取り制度(FIT)以降、強い需要が続いており、今後、収益への貢献が本格化すると予想している。また、溶接メカトロ事業はアジア新興国向けに高い成長を続けている点にも注目している。

ダイヘンの株価は14時1分現在455円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)