ファーストエスコが急反発、白河ウッドパワーの存在を見直す

 ファーストエスコ<9514.T>が急反発。7月22日に4万8000円の年初来高値を付けた後にスピード調整となっていたが、この日は3万8000円まで下落した後に急速に戻す展開となっている。18日には、持分法適用会社である白河ウッドパワーの全株式を取得し、連結子会社化することを発表、林業や製材業などの支援にも繋がる木質バイオマス発電への重要性が高まっており、白河ウッドパワーの存在感が高まりそうだ。

 ファーストエスコの株価は14時53分現在4万1350円(△2250円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)