富士通ゼが急反落、4~6月期最終43%減益を嫌気

 富士通ゼネラル<6755.T>が3日ぶり急反落。同社は24日、13年4~6月期連結業績を発表、最終利益は前年同期比42.7%減の20億2800万円だった。海外での空調販売は好調だったものの、タイや中国で生産した製品を日本へ輸入しており、円安デメリットが発生した。これを嫌気する売りが優勢だ。なお、4~9月期については、最終利益を55.1%減の20億円と予想。これは従来予想に4億円増額されている。

富士通ゼの株価は9時13分現在1086円(▼50円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)