アイネスが急反落、4~6月営業赤字5億円弱に拡大と報じられる

 アイネス<9742.T>が急反落。きょう付の日本経済新聞で、第1四半期(4~6月)は、連結営業損益が5億円弱の赤字(前年同期は2億7500万円の赤字)だったようだと報じられたことを嫌気。記事によると、新規の民間向けソフトの受託開発で費用負担が先行したほか、新製品の研究開発費が増えた。主力の地方自治体向けシステムが大型案件の端境期だったことも響いたとしている。なお、会社側では、「当社から発表したものではなく、7月25日に第1四半期決算の発表を予定している」とコメントしている。

アイネスの株価は9時28分現在675円(▼23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)