キヤノンが安い、13年12月期下方修正がネガティブサプライズに

 キヤノン<7751.T>はウリ気配スタートとなるなど寄り付きから売りが集中した。同社は24日、13年12月期通期の連結業績見通しの修正を発表したが、売上高は従来予想の3兆9800億円から3兆8500億円(前期比10.6%増)、最終利益は2900億円から2600億円(同15.8%増)に下方修正したことがネガティブサプライズとなった。米国経済には回復色がみられるものの、欧州で厳しい景況が続いているほか、新興国でも低成長でコンパクトデジタルカメラの需要停滞が響いた。また、レーザープリンター、インクジェットプリンターの需要も減少している。

キヤノンの株価は9時30分現在3255円(▼175円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)