京都友禅が反発、第1四半期は経費負担で経常26%減益も通期は増収益予想を据え置く

 京都きもの友禅<7615.T>が反発。24日取引終了後に発表した今14年3月期の第1四半期(4月1日~6月30日)決算は経常26%減の大幅減益になったが、通期は期初計画を据え置き、売上高は前期比9.8%増の183億3100万円、経常利益7.6%増の28億7600万円と増収増益を見込んだ。第1四半期の減益は広告宣伝費や人件費など経費負担が先行したためで、販売は順調に伸びており、想定の範囲内と判断されたようだ。

京都友禅の株価は9時39分現在1095円(△18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)