日写印が続伸、26週移動平均線上で大陽線、上値指向加速

 日本写真印刷<7915.T>が続伸。前日にマドを開けて急騰した余勢を駆ってきょうも買いが先行している。前日、SMBC日興証券が投資判断を「3」から「1」と一気に2段階引き上げ、目標株価を1700円から2300円に引き上げていることで、これが引き続き株価上昇を後押ししている。円安による顧客からの値下げ圧力を受けタッチパネルの価格は従来想定を下回る見通しだが、販売好調でこれを吸収、SMBC日興証券では14年3月期の営業利益予想を従来予想の85億円から93億円へ増額。また、15年3月期についても同110億円から136億円にそれぞれ上方修正している。チャート面でも株価は26週移動平均線を足場に大陽線を示現しており、上値指向が一段と強まっている。

日写印の株価は10時39分現在1959円(△18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)