セキュアヴェイルが続急伸、クラウド型セキュリティ運用監視などに関心

 セキュアヴェイル<3042.T>が続急伸。24日に、ダイワボウ情報システムの仮想化環境構築パッケージ「DIS Easy Virtual Package」にクラウド型セキュリティ運用監視サービス「NetStare for EVP」および、統合ログ管理システム「LogStare」の提供を開始したことを発表した。
 「DIS Easy Virtual Package」は中堅企業向けに、仮想化されたアプリケーション・サーバーを簡単かつ短時間に構築・導入できるように、サーバーや仮想化ソフトウェアおよび必要なアプリケーションをまとめたパッケージ製品。これに同社のクラウド型セキュリティ運用監視サービスや統合ログ管理システムを組み込むことでセキュリティ面での強化を図れることになり、今回の取り組みを含めて、近年、深刻化するサイバーテロ防止の側面で同社の技術力が注目を集めそうだ。

セキュアヴェイルの株価は10時43分現在427円(△42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)