花王が大幅続落、カネボウ化粧品の美白化粧品が台湾でも被害120人以上と報じられる

 花王<4452.T>が大幅続落。子会社のカネボウ化粧品が製造・販売した美白化粧品で肌がまだらに白くなる症状が出た問題について、各種メディアが台湾でも症状を訴える人が出ていると報じており、「120人以上が同様の症状を訴え、化粧品との関連を病院などで調べていると明らかにした」(25日付の日本経済新聞)としていることから、被害の拡大を懸念する売りが出ている。国内外でのブランドイメージの低下は避けられないとの見方も強く、花王の業績への影響が懸念されている。

花王の株価は10時57分現在3040円(▼190円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)