タカラバイオが4日続伸、iPS細胞から肝臓細胞への分化状態検出試薬を発売

 タカラバイオ<4974.T>が4日続伸。24日に、ヒトのiPS細胞やES細胞などの多能性幹細胞から、肝臓細胞への分化状態検出試薬を8月30日に発売すると発表したことを好感している。同製品は、1枚の96穴プレートに幹細胞から肝臓細胞への分化状態を検出するために有用な88種類の遺伝子と8種類の標準(ハウスキーピング)遺伝子のプライマーが搭載されており、リアルタイムRT-PCR法により、iPS細胞やES細胞などからの肝臓細胞への分化傾向を簡便に検出することが可能。新製品の発表を契機に改めてiPS細胞関連として注目度を高めているようだ。

タカラバイオの株価は11時4分現在2947円(△117円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)