<後場の注目銘柄>=MDNT、事業基盤の確立着々と進む

 メディネット<2370.T>は調整一巡感の台頭から時価水準は仕込み場と考えたい。

 営業赤字が続く同社だが、現在、事業基盤の確立に向けて新規契約医療機関の獲得や、グループ契約医療機関と地域中核医療機関などとの医療連携体制の構築などに注力し赤字体質からの脱却を図っている。

 また、昨年11月からは異物細胞や自己変異細胞を攻撃するNK細胞の療法技術を医療機関に提供を開始した。

 NK細胞療法の売り上げは着実に増加。既存契約医療機関における細胞加工数が減少するなど苦戦が続くが、徐々に取り組みの成果は出ている。上期は特別利益の計上で最終黒字化したが、通期計画は据え置いており上振れの公算大。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)