カイノスが後場一段高、第1四半期大幅増益を好感

 カイノス<4556.T>が後場一段高。前引け後に発表された第1四半期(4~6月)決算で、売上高14億6300万円(前年同期比5.3%増)、経常利益7700万円(同42.4%増)と大幅増益となったことが好感されている。引き続き腎機能検査薬と糖尿病検査薬が好調だったほか、輸血検査薬およびアレルギー診断薬などが堅調に推移し、売上高・利益を牽引した。
 なお、14年3月期通期業績予想は、売上高56億1600万円(前期比2.6%増)、経常利益2億6000万円(同3.3%増)の従来予想を据え置いている。

カイノスの株価は13時46分現在595円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)