富士電機が今3月期の第2四半期予想を増額

 富士電機<6504.T>はこの日、大引け後に今14年3月期の第2四半期予想を連結営業利益で当初計画の5億円から20億円(前年同期実績53億6500万円の赤字)、経常利益で25億円の赤字から15億円(同78億7500万円の赤字)、純利益で40億円の赤字から収支均衡(同76億4200万円の赤字)へ増額修正を発表した。コストダウンや経費圧縮などの体質改善効果や為替の円安進行などによる営業外損益の改善などが寄与している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)