今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は日経平均の下げなどを背景に99.70円台まで一時値を下げました。この後の流れは果たしてどうなるのか、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

7/25(金)
18:30 (ユーロ圏)コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
18:30 (南ア)6月卸売物価指数
21:30☆(米)前週分の米新規失業保険申請件数
21:30☆(米)6月米耐久財受注額
02:00☆(米)7年債(290億ドル)入札
※☆は特に注目の材料

米国の主要経済指標はドル/円の手掛かりに成りそうな大型のものが並んでいます。良くも悪くも結果が偏れば、足元のドル/円の膠着感を払拭の可能性があります。

また、米長期金利の動向に影響する7年債入札の結果にも注目です。