SMKの14年3月期最終利益20億円に上方修正

 SMK<6798.T>は25日、13年4~9月期連結業績および14年3月期通期の連結業績予想の修正を発表した。4~9月期は売上高313億円予想から336億円に、営業利益は7億円から12億円に、最終利益は9億円から15億円にいずれも増額した。また、合わせて14年3月期予想についても売上高626億円から649億円(前期比19.1%増)に、営業利益12億円から17億円(前期は8億5300万円の赤字)に、最終利益14億円から20億円(同1億9800万円の赤字)に増額している。コネクターやタッチパネルなどがスマートフォン向けに好調で為替レートも社内想定よりも円安に推移していることが上方修正の要因。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)