◎欧米外為市場サマリー

 25日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=99円28~27銭と前日に比べ90銭強の円高・ドル安。対ユーロでは、1ユーロ=131円81~85銭と同50銭強の円高・ユーロ安だった。 
  この日、発表された米・6月耐久財受注はプラス4.2%と市場予想(プラス1.4%)を上回った。これを受け、100円前後までドル買い・円売りが進む場面があった。ただ、米ウォール・ストリート・ジャーナルが「来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で低金利政策を維持するためのガイダンスを示す可能性」と報道したことを受け、量的緩和の早期縮小観測が後退し、99円台前半への円高・ドル安が進んだ。
 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.3276~77ドルと前日に比べ 0.0076ドルのユーロ高・ドル安。独・7月Ifo景況感指数が市場予想を上回ったほか、米量的緩和の早期縮小観測が後退したことを受けユーロ高・ドル安が進んだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)