シャープが反発、4~6月期営業黒字観測報道が買い手掛かり

 シャープ<6753.T>が反発。きょう「4~6月期の連結営業損益が10億円以上の黒字になる見通しであることが分かった」と報じられたことが買い手掛かりになった。今月中旬の段階では数十億円の営業赤字になるとみられたが、猛暑によるエアコン販売が好調だったうえ、太陽電池の販売も好調で、業績は予想を上回ったと伝えている。会社側は立ち会い開始直前に「業績について一部報道があったが、当社が発表したものではない」とコメントを出した。今14年3月期の第1四半期(4月1日~6月30日)決算は8月1日に発表の予定。

シャープの株価は10時35分現在455円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)