☆ドル/円:軟調状態から「下方圧力」強まる展開へ

■【日足ベース展望】(ドル/円)
-----------------------------------------------------

■昨夜、米経済誌による報道を受けてドル/円は98円
後半まで下落、NYクローズも99円を挟んで終えています。

■引き続き中期、長期のファンダメンタルズは、「円」が
売られる可能性が高いと思っているのですが、日々の
トレードに関しては、目先の材料、またテクニカルにも
気を配る必要があります。

■そのテクニカル面ですが、先日から触れている10期間の
移動平均線を終値ベースで2日連続で割り込もうとしています。

先日、このコーナーで目先の下落目途は99円割れと記載し
ましたが、現状ではこのレベルはクリアしていて、
今後一時的な買戻しがあったとしても、終値ベースで99.95円
を上回らない限り、戻り売り優勢な展開になるのでは?
とみています。