錢高組が高い、低位材料株として短期資金の攻勢続く

 銭高組<1811.T>が全般急落相場の中も材料株の強みを発揮して高い。株価は一時、前日比17円高い259円まで買われている。日証金が22日付で、銭高組株を貸株利用など貸借取引で注意喚起銘柄にすると発表、また東証も25日から信用取引の日々公表銘柄に指定すると発表したが、上値はさすがに重くなってはいるものの依然として短期資金の物色意欲は衰えていない。東証と大証の現物株市場の統合が人気化の発端だが、株価が低位にあることやPBRが依然として0.6倍前後と割安水準にあること、さらにアベノミクスの公共投資拡大に乗るテーマ株としての位置付けから引き続き買い人気を誘導している。

銭高組の株価は12時51分現在251円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)