出光興産はしっかり、北海道および秋田県での地熱発電に向けた構造試錐井の掘削開始を発表

 出光興産<5019.T>がしっかり。同社は午前11時30分に、国際石油開発帝石<1605.T>、三井石油開発と共に、11年に地熱発電に向け地表調査を実施した北海道阿女鱒岳地域および秋田県小安地域において、第2段階の調査として、構造試錐井の掘削を開始することを発表した。
 今回の調査は構造試錐井の掘削により、地質構造、地下の温度、透水性などを調査し、北海道阿女鱒岳地域13年7月16日~10月上旬に行い、掘削深度は2000メートル、秋田県小安地域については13年7月25日~11月上旬で、掘削深度1800メートル、1700メートルの2カ所となっている。また、15年度までに、両地域において構造試錐井を数坑掘削し、その結果をもとに第3段階の調査(試験井掘削、生産・還元試験、貯留層能力評価、環境調査)移行を判断する。

出光興産の株価は13時35分現在8300円(▼20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)