全国保証に強気見通し、大和証は新規「2」で4600円目標に

 全国保証<7164.T>に対して強気見通しが出ている。大和証券は25日、同社のレーティングを新規「2(アウトパフォーム)」として目標株価は4600円とした。同社は独立系で上場している唯一の住宅保証ローン会社。昨年12月に東証1部へ新規上場している。
 足もとの新規住宅着工戸数の伸びは追い風となっているほか、全国の信用金庫を中心に債務保証残高を拡大してきたが、この数年は地銀の残高が拡大しており、同証券では「債務保証残高の増加に伴い、保証料と特約保証料から中長期的に安定した収入増が期待できる」と指摘。また、地銀などとの提携拡大により、「継続的なシェアアップが期待できる」とみている。大和証券では、2016年3月期の純利益は102億円(13年3月期は68億700万円)と試算している。

全国保証の株価は14時46分現在3755円(▼55円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)