JFEHDが後場急落、第1四半期業績急回復も通期は合理的予想の算定できず

 ジェイ エフ イー ホールディングス <5411.T>が後場に入って急落、株価は前日比275円安の2302円まで売り込まれた。きょう午後2時に発表した今14年3月期の第1四半期(4月1日~6月30日)決算の連結経常利益が前年同期比3.6倍の352億3700万円と急回復し、未定としていた第2四半期末配当を20円としたが、通期業績予想は経常利益以外を非開示としたことで、先行き不透明感が広がった。原料価格などの動向が見通せず合理的な予想の算定が困難として、通期の経常利益は4~6月の700億円に対して収益改善見込み分を単純に上乗せし、1700億円としており、3月期末の配当は未定とした。

JFEHDの株価は14時50分現在2343円(▼234円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)