応用技術が13年12月期業績見込みを上方修正、営業支援システムなどの引き合いが増加

 応用技術<4356.T>がこの日の取引終了後、13年12月期の業績予想について、従来予想の売上高22億円、経常利益8400万円から、売上高22億5000万円(前期比6.5%増)、経常利益1億5600万円(同2.3倍)に上方修正した。消費税率引き上げ前の駆け込み需要の取り込みを目指す内需系メーカーから営業支援システムの引き合いが増加しているほか、エンジニアリングサービス事業における防災・減災関連の好調な引き合いなどが業績を押し上げる見通しのようだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)