来週の為替相場見通し=米国の重要イベントを注視

 来週の東京外国為替市場の円相場は、米国で重要イベントが相次ぎ、変動が大きいボラタイルな相場となりそうだ。予想レンジは1ドル=96円80~100円00銭、1ユーロ=129円00~133円00銭。来週は、30~31日にかけて米連邦公開市場委員会(FOMC)があり、その声明文が注目されるほか、31日は米4~6月期国内総生産(GDP)速報値が発表される。また、8月2日には米・7月雇用統計の発表がある。
 来週発表される声明文や経済指標は、米国の量的緩和縮小の行方を確かめるうえでの重要なポイントとなる。米GDPに関しては減速懸念が出ているほか、雇用統計では20万人を超える増加があるかが注目されている。量的緩和の縮小開始が先延ばしされそうとの見方が浮上すれば、一気に円高が進む事態もあり得る。米国の経済指標に加え、8月1日の中国製造業PMIや同日の欧州中央銀行(ECB)理事会の内容などもマーケットに影響を与えそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)