◎欧米外為市場サマリー

 26日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=98円21~22銭と前日に比べ1円強の円高・ドル安。対ユーロでは、1ユーロ=130円40~44銭と同1円40銭強の円高・ユーロ安だった。 
  この日、日経平均株価が大幅安となり円高・ドル安が進行した流れを引き継ぎ、ニューヨーク市場でも円買い・ドル売りが優勢となった。30~31日に予定されている米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、米量的金融緩和が市場予想よりも長引くとの見方が強まり、円買い・ドル売りが膨らんだ。一時97円90銭台へ円高が進んだ。7月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値は85.1と市場予想を上回ったが市場の反応は限定的だった。
 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.3277~78ドルと前日に比べ 0.0001ドルのユーロ高・ドル安と横ばいだった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)