日立国際が反発、今14年3月期予想の増額で安心感

 日立国際電気<6756.T>が反発、下げ止まる動き。26日、大引け後に今14年3月期予想を通期連結売上高で当初計画の1460億円から1490億円(前期実績1388億100万円)、営業利益で80億円から86億円(同61億3000万円)へ増額修正したことから安心感が広がっている。エコ・薄膜プロセス部門において半導体メモリーメーカーの設備投資再開により、第1四半期での受注が想定を超えて大幅に増加している。映像・無線ネットワーク部門も公共事業分野向けが拡大している。

日立国際の株価は9時59分現在1062円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)