神鋼環境が続急落、第1四半期での赤字幅拡大を嫌気

 神鋼環境ソリューション<6299.T>が続急落。26日大引け後に今14年3月期の第1四半期決算を発表、連結売上高139億5500万円(前年同期比2.5%増)となったが、営業利益では2億3500万円の赤字(前年同期実績1億4000万円の赤字)と赤字幅が拡大したことが嫌気されている。水処理関連事業では、前年の受注量悪化などの影響で売上高が減少、一部の案件で採算悪化が表面化している。通期では売上高660億円(前期比9.2%減)、営業利益21億円(同47.0%減)の期初予想を変更していないが、通期での大幅減益予想も改めて株価の重しとなっている。

神鋼環境の株価は11時30分現在513円(▼49円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)