<話題の焦点>=コーヒー関連、豆市況低迷が追い風

 コーヒー関連銘柄が注目を集めている。猛暑による消費増などに加え、コーヒー豆市況の低下の恩恵を享受している。

 コーヒー豆の主要生産地であるブラジルは豊作で生産増が続いており、指標であるニューヨークの先物価格は約3年ぶりの水準に低下。円安はコーヒー豆を輸入する国内企業にとり悪材料だが、円安の逆風を市況低迷の影響が上回り、国内販売価格は低下。コーヒ業界の追い風となっている。喫茶店の市場規模は縮小傾向だが、接客型店舗によるシニア層の開拓で新たな需要もつかまえつつある。

 スターバックス コーヒー ジャパン<2712.T>は、氷菓飲料「フラペチーノ」の好調もあり今期は最高益の見通し。「ドトールコーヒー」を展開するドトール・日レスホールディングス<3087.T>やキーコーヒー<2594.T>なども原料価格低下は収益の追い風となりそう。

 キーコーヒーと業務提携した銀座ルノアール<9853.T>や傘下に「タリーズ」を持つ伊藤園<2593.T>、高級喫茶「椿屋」の東和フードサービス<3329.T>、缶コーヒーのダイドードリンコ<2590.T>など。

◆主なコーヒー関連銘柄

キーコーヒー<2594.T>   レギュラーコーヒーの製造販売
ユニカフェ<2597.T>    レギュラーコーヒーの焙煎、加工
スターバックス<2712.T>  「スターバックスコーヒー」展開
銀座ルノアール<9853.T>  「喫茶室ルノアール」展開
ドトール日レス<3087.T>  「ドトールコーヒーショップ」展開
東和フード<3329.T>    高級喫茶「椿屋」展開
伊藤園<2593.T>      傘下に「タリーズコーヒー」
ダイドードリンコ<2590.T> 缶コーヒー販売

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)