<後場の注目銘柄>=航空電子、スマホ向け部品が好調

 日本航空電子工業<6807.T>は24日、14年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算を発表した。

 売上高326億円(前年同期比19.2%増)、営業利益20億9300万円(同34.4%増)と大幅増益を達成。スマートフォン、タブレット端末向けや、自動車用にコネクターなどの電子部品が好調な推移をみせている。また、内製化の取り組み強化によるコストダウンや設備効率化、諸費用の抑制なども寄与し、大幅増益を達成した。第2四半期以降は、通信向けコネクターの拡大に期待が寄せられている。

 株価は、7月に入り1000円台固めを経て上放れの兆しが鮮明。年初来高値の1094円を射程圏に捉えている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)