江守商事が後場急伸、14年3月期業績予想を上方修正

 江守商事<9963.T>が後場急伸。午後1時に14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1755億円、経常利益36億円から、売上高1925億円(前期比33.1%増)、経常利益41億5000万円(同38.1%増)に上方修正したことが好感されている。12月決算である中国子会社の上期業績が好調に推移していることに加えて、下期も中国でニッケル、電解銅などの金属資源や、精米や紙などの生活関連資材の売り上げ増加が期待できることなどが要因としている。
 同時に発表された第1四半期決算は、売上高474億8300万円(前年同期比50.0%増)、経常利益11億7400万円(同78.9%増)となった。中国市場における金属資源、食糧の売り上げが好調に推移したことなど業績を押し上げたという。

江守商事の株価は13時22分現在1387円(△85円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)