神戸鋼が後場買われる、第1四半期大幅黒字転換し通期予想を上方修正

 神戸製鋼所<5406.T>が後場に入って買われ、プラス圏に浮上してきた。きょう午後1時30分に発表した今14年3月期の第1四半期(4月1日~6月30日)決算が減収ながら大幅に黒字転換し、第2四半期(4月1日~9月30日)と通期業績予想を上方修正したことを受け買い気が強まった。通期は期初予想の連結売上高1兆7900億円を1兆8600億円、経常利益450億円を600億円へ増額。鋼材やアルミ・銅圧延品に加え、油圧ショベルやクローラクレーンの販売も計画を上回る見込み。

神戸鋼の株価は13時53分現在149円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)