カドカワが大幅高で4日続伸、電子書籍部門黒字化の観測で

 KADOKAWA<9477.T>が大幅高で4日続伸、全般軟調相場に抗して一時7%を超える上昇をみせた。出版最大手だが、足もとは出版不況の影響が出ており、13年4~6月期連結売上高は前年同期比10.6%減の357億7500万円、最終利益は同13.9%減の10億3100万円と低迷している。ただ、「先行投資の電子書籍部門が同四半期に黒字化したとの観測が株高を支援している」(市場関係者)といい、参入後初の同事業黒字化を材料視する買いが優勢となったもようだ。信用取組も売り長であり、信用倍率は0.74倍で逆日歩がついていることで、買い戻しによる上昇圧力も働いている。

カドカワの株価は13時56分現在3850円(△205円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)