あす(30日)の為替相場見通し=98円前後の一進一退か

 あすの東京外国為替市場の円相場は、1ドル=98円ラインを挟んだ一進一退となりそうだ。予想レンジは1ドル=97円30~98円50銭、1ユーロ=129円00~131円00銭。この日は、前週末からの円高・ドル安の流れを引き継ぎ、一時97円60銭まで円高が進んだ。あすとあさってにかけ開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では、フォワード・ガイダンスで米量的緩和が市場予想より長引くことが示唆されるのでは、との見方からドル買い戻しが一気に進んだ。31日発表の米4~6月GDPも、やや弱めの数字になるとの見方もあり、全体的には円買い・ドル売りが優勢となる可能性もある。ただ、ここ急速な円高が進んだだけに98円前後での一進一退が予想される。
 国内では、あす6月の失業率や同鉱工業生産などの発表があり、消費税引き上げの参考となる見込み。ただ、市場の関心は米国経済動向に向かっており国内経済指標への反応は限定的とみられている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)