アサヒHDが急反発、14年3月期業績予想の上方修正を好感

 アサヒホールディングス<5857.T>が急反発。29日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高900億円、経常利益85億円から、売上高930億円(前期比3.5%減)、経常利益91億円(同16.7%増)に上方修正したことを好感。貴金属リサイクル事業における貴金属回収量は概ね計画通りだが、第1四半期における貴金属平均販売単価が想定を上回って推移していることが要因としている。
 同時に発表した第1四半期(4~6月)連結決算は売上高247億2000万円(前年同期比6.4%減)、経常利益27億8400万円(同2.1倍)となった。貴金属平均販売単価が上昇したことに加えて、医療系廃棄物、リサイクルガラスなどの取扱量も前年実績を上回ったことが寄与した。

アサヒHDの株価は9時25分現在1630円(△135円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)