ガンホーが急反落、6月中間決算経常41倍増益もサプライズなし

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>が急反落。29日の取引終了後に発表した第2四半期累計(1~6月)連結決算で、売上高746億2100万円(前期比10.5倍)、経常利益453億1300万円(同41.5倍)の大幅増益となったが、業績急拡大にはサプライズはないとの見方が強く、前日大幅高した反動もあって材料出尽くし感から売られている。スマートフォン向けゲームの「パズル&ドラゴンズ」が順調に推移し、6月29日に日本国内でのダウンロード数が1600万を超えたほか、アクションパズルRPG「ケリ姫」シリーズが6月9日に累計600万ダウンロードを超えるなどしたことが業績を牽引した。なお、13年12月期業績予想は開示しない方針としている。

ガンホーの株価は9時35分現在9万1000円(▼1万5000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)