ドワンゴが4日ぶり急反騰、エイベックスがNTTと日本テレビにドワンゴ株の一部を譲渡

 ドワンゴ<3715.T>が4日ぶり急反騰し、一時、前日比6万1000円(15.2%)高の46万2500円をつける場面があった。29日の取引終了後、同社の主要株主であるエイベックス・グループ・ホールディングス<7860.T>が、保有するドワンゴ株式の一部をNTT<9432.T>と日本テレビホールディングス<9404.T>傘下の日本テレビ放送網に相対取引で譲渡することになったと発表しており、NTTとの提携による事業発展期待が高まっているようだ。譲渡されるのはエイベックスの持つドワンゴ株のうち1万2237株で、1万200株をNTTに、2037株を日本テレビにそれぞれ譲渡(売り出し)する。売出価格は1株当たり49万1119円で、これによりエイベックスの保有株数は2万4574株(議決権ベースで12.05%)から、1万2337株(同6.05%に低下する。
 一方、4.99%を保有することになったNTTでは、ドワンゴの持つ動画コンテンツを使い、サービスやインターフェースの高度化を目指すほか、映像&ソーシャルサービスの高品質化や低コスト化に必要なネットワーク技術の高度化に向けた検討を進めるとしている。

ドワンゴの株価は9時51分現在44万4000円(△4万2500円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)