本日も手控えムード=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

本日も手控えムード
昨日のドル/円は6月13日安値93.79円から7月8日高値101.53円までの上昇に対する1/2押しの水準(97.66円)付近で下げ止まり、その後方向感に乏しい状態で推移した。

31日の米国での米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を含むイベントラッシュを前にポジション整理目的のドル売り・円買いが進んだが、一巡後は手控えムードが拡がったものと考えられる。
本日も引き続き、明日のイベントラッシュを控えて積極性に欠ける動きになる公算と見る。ただし、上述の1/2押しを割り込むとストップロスを絡めてもう一段安となる可能性もあるため、昨日安値まで軟化した際には値動きに注意が必要だろう。