大研医器が反発、第1四半期決算に期待感

 大研医器<7775.T>が反発。あす31日に今14年3月期の第1四半期決算を発表予定であることから好内容への期待が高まっている。同社は真空吸引器や殺菌水製造装置など感染防止分野に強みを有しており、最先端の医療機器を多数手掛けており、病棟用吸引器のキューインポットを筆頭に好調に推移、今通期は売上高75億2000万円(前期比6.4%増)、営業利益13億500万円(同3.5%増)と増収増益を見込んでいる。安倍政権が進める医療技術輸出でも同社製品への期待が高く第1四半期の決算内容次第では好業績への評価が高まりそうだ。

大研医器の株価は10時35分現在2064円(△123円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)